ようこそ改正省エネ法対策相談室™へ

企業に対して、脱炭素・CO2削減・省エネ・再エネ・節電への社会的要求が日々強まっております。  

2010年4月から国としては「改正省エネ法」・「改正温対法」の報告開始、自治体としては東京都の「温室効果ガス排出総量削減義務」が開始、その後埼玉県でも開始しました。

また、東日本大震災による電力危機により、計画停電や電力使用制限令による規制が行われました。 更なる省エネ・節電の推進のため2013年5月に省エネ法が改正されています。

2015年12月には国連にて気候変動に関する新たな枠組み「パリ協定」が採択され、2016年11月に発効しました。日本は2030年度に2013年度比26%の温室効果ガスの削減を約束しました。

2020年10月菅首相が「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言しました。

2021年4月菅首相は、温室効果ガスを2030年に2013年度に比べて46%削減することを目指すと表明しました。

低炭素化社会を更に進めた脱炭素社会を実現するためには、省エネの更なる推進再生可能エネルギーの使用が必須となります。

弊社は、この様な規制対応、企業選別対応のため、中堅企業様向けに省エネ法対応支援「改正省エネ法対策相談室」、省エネ補助金・再エネ補助金活用支援「GX補助金の窓口」、CO2排出量算定・原単位改善支援「減炭位」により企業の持続的発展を実現するコンサルティングの提供や、換気の注意換気サービス「注意換気」の提供、太陽光発電所「脱炭素エナジー」、カーボンクレジット販売買取サイト「脱炭素貨値両替所」・「カーボンクレジットインベストメント」、「CO2モニター普及協会」、「脱炭素行動変容機構」、国家資格「エネルギー管理士」の唯一の有資格者団体「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」の運営を行っております。

脱炭素化支援株式会社の特徴

省エネ法に基づく国家資格「エネルギー管理士」の有資格者によるエネルギーの専門家集団です。

脱炭素、CO2削減、省エネ、再エネ、節電に関しての法規制・行政支援・社会風潮・技術的な動向変化に対して迅速に対応できます。

コンサルティング業務に特化しています。全ての省エネ・再エネ設備、脱炭素エネルギーを公平に評価・推奨する事ができます。 

CO2排出量が増加する業務は行いません。

報酬金額は明朗価格です。(ホームページに掲載しています)

新着情報
(脱炭素・CO2削減・省エネ・節電関連)

2023年12月22日 令和6年度予算案が閣議決定されました。
省エネ補助金・再エネ補助金・CO2削減補助金は下記をご参照ください。 
・「経済産業省」
・「環境省」
・「国土交通省」 
2023年11月10日 令和5年度補正予算案が閣議決定されました。
省エネ補助金・再エネ補助金・CO2削減補助金は下記をご参照ください。
・「経済産業省」
・「環境省」
※国土交通省:無し
2023年9月5日 令和6年度予算の省エネ補助金・再エネ補助金・CO2削減補助金の概算要求が公表されました。
・「経済産業省」
・「環境省」
・「国土交通省」
2023年4月1日 改正省エネ法が施行されました。
2023年3月17日

「エネルギーの使用の合理化及び非化石エネルギーへの転換等に関する基本方針」が閣議決定されました。

2023年3月11日

省エネ法の定期報告情報の任意開示制度の宣言フォームが公開されました。

新着情報
(脱炭素化支援株式会社関連)

2024年5月20日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2024年5月2日 弊社14ヶ所目の太陽光発電所「脱炭素エナジー枚方32.8」が発電を開始しました。
2024年4月2日 弊社13ヶ所目の太陽光発電所「脱炭素エナジー津島100.62」が系統連系し、発電を開始しました。
2024年3月12日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2024年2月13日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2024年2月10日 弊社代表が講師を務めます。
主催:一般財団法人省エネルギーセンター
セミナー名:「省エネ補助金の活用セミナー」
開催日:2024年2月20日(火)
2024年1月23日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2023年1月10日 令和6年能登半島地震被災者支援、復旧・復興のため石川県へ寄附
(100万円・企業版ふるさと納税)を申し込み、受理されました。
2023年1月8日

個人11名がカーボンクレジット「J-クレジット」を資産運用目的で取得・保有
<プレスリリース>

2023年12月27日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2023年12月12日  年末年始休業のご案内
 下記期間を年末年始休業とさせて頂きます。
 12月29日(金)〜1月4日(木) 
 よろしくお願い申し上げます。
2023年11月28日 株式会社笑農和様、株式会社山光農園様と「水田への自動水門導入による温室効果ガス排出削減・J-クレジットの創出」の実施について合意しました。
<プレスリリース>
2023年11月7日 あいちウィークの一環で1124日(金)は休業とさせて頂きます。
2023年11月6日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2023年10月31日 2023年11月30日(木)に「第20回脱炭素経営セミナー」を実施いたします。
2023年10月17日 中部経済新聞に掲載されました。
「カーボンクレジット売買サイトが軌道に」
2023年10月10日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2023年10月9日 「メッセナゴヤ2023」に出展致します。
リアル開催日時:2023年11月8日(水)~10日(金)10時~17時
リアル開催場所:ポートメッセなごや・第1展示館・小間番号B-85
オンライン開催日時:2023年11月1日(水)~11月30日(木)
2023年9月7日 脱炭素化支援通信(メールマガジン)を配信しました。 
脱炭素化支援通信のバックナンバーはこちらからご覧下さい。
脱炭素化支援通信の配信登録はこちらからお願いします。
2023年8月24日  新R25に掲載されました。「資産運用も脱炭素の時代に。」

脱炭素化支援通信(無料メールマガジン)

脱炭素化支援通信(無料メールマガジン)では、CO2削減・省エネ・節電・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報をタイムリーにお送りしております。

こんな疑問はございませんか?

下記のような疑問をお持ちでしたら、どうぞお気軽にご連絡ください。 

  • 改正省エネ法では何が変更になったの?
  • 省エネ法のエネルギー管理標準って何?
  • エネルギー管理者(エネルギー管理士)の外部委託はできるの?
  • 空調・照明・ボイラー・生産設備を更新したいけど何か良い省エネ補助金はある?
  • 太陽光発電設備を導入したいけど何か良い再エネ補助金はある?
  • 脱炭素化支援って何?
  • J-クレジットの価格はいくら?

親切、丁寧な対応を心がけております。お問合せをお待ちしております。

※個人からのお問い合わせにつきましては、対応致しかねる場合があります。
 法人名を必ずご記載ください。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
052-684-4173

受付時間:10:00~17:00
定休日:土日祝

中堅企業様向けに、改正省エネ法対応支援「改正省エネ法対策相談室」、省エネ補助金・再エネ補助金活用支援「GX補助金の窓口」、CO2排出量算定・原単位改善支援「減炭位」、カーボンクレジット販売買取サイト「脱炭素貨値両替所」、脱炭素エネルギー活用支援「脱炭素エナジー」、換気の注意喚起サービス「注意換気」、「CO2モニター普及協会」の運営、「一般社団法人全国エネルギー管理士連盟」の運営を行っております。 

  • 新着情報

  • お役立ち情報
    (省エネ法関連)

  • お役立ち情報
    (省エネ補助金・
     CO2削減補助金・
     再エネ補助金)

  • お役立ち情報
    (省エネ・脱炭素
     ・再エネ関連)

  • コンサルティング案内

  • 会社紹介

お問合せ・ご相談受付中

お電話でのお問合せ・相談予約

本社        
052-684-4173
首都圏支援センター 
03-5962-7716
西日本支援センター 
086-800-1376

<受付時間>
10:00~17:00
※土日祝は除く