サプライチェーン排出量とは(スコープ1、2、3)(算定)

サプライチェーンとは、原料調達から製造、物流、販売、廃棄に至る、企業の事業活動の影響範囲全体のことです。

サプライチェーン排出量とは、事業者らの排出量のみならず、事業活動に関係するあらゆる排出量を算定して合計した排出量です。

サプライチェーン排出量=Scope1(スコープ1)排出量
           +Scope2(スコープ2)排出量
           +Scope3(スコープ3)排出量

scope3カテゴリ概要.png

出典:環境省グリーン・バリューチェーンプラットフォーム



Scope3とは(スコープ3とは)(スコープ1、2、3)(算定)

Scope3とは(スコープ3とは)事業者自ら排出している温室効果ガス(二酸化炭素等)であるScope1、Scope2以外の事業者の活動に関連する他社の温室効果ガスの排出量です。


・Scope1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
      (燃料の燃焼、工業プロセス)
・Scope2 : 他社から供給された電気、熱・蒸気の使用に伴う間接排出
・Scope3 : Scope1、Scope2以外の間接排出
      (事業者の活動に関連する他社の排出)


●サプライチェーン排出量=Scope1排出量+Scope2排出量+Scope3排出量

※「サプライチェーン」とは、原料調達から製造、物流、販売、廃棄に至る、企業の事業活動の影響範囲全体のことです。


Scope3は15のカテゴリから構成されています。

scope3カテゴリ概要.png

出典:環境省グリーン・バリューチェーンプラットフォーム

Scope1とは(スコープ1とは)、Scope2とは(スコープ2とは)(スコープ1、2、3)(算定)

Scope1とは(スコープ1とは)、自社で燃料の使用や工業プロセスによる直接排出温室効果ガスの排出量です。

Scope2とは(スコープ2とは)、自社で他社から供給された電気、熱、蒸気を使用した事による間接排出温室効果ガスの排出量です。

・Scope1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
      (燃料の燃焼、工業プロセス)
・Scope2 : 他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴う間接排出
・Scope3 : Scope1、Scope2以外の間接排出

      (事業者の活動に関連する他社の排出)

●サプライチェーン排出量=Scope1排出量Scope2排出量+Scope3排出量

scope3カテゴリ概要.png

出典:環境省グリーン・バリューチェーンプラットフォーム

Scope3(スコープ3)15のカテゴリ分類とは(算定)

Scope3(スコープ3)は下記の15のカテゴリに分類されています。

Scope3カテゴリ 該当する活動(例)
1 購入した製品・サービス 原材料の調達、パッケージングの外部委託、消耗品の調達
2 資本財 生産設備の増設(複数年にわたり建設・製造されている場合には、建設・製造が終了した最終年に計上)
3 Scope1,2に含まれない
燃料及びエネルギー活動
調達している燃料の上流工程(採掘、精製等)
調達している電力の上流工程(発電に使用する燃料の採掘、精製等)
4 輸送、配送(上流) 調達物流、横持物流、出荷物流(自社が荷主)
5 事業から出る廃棄物 廃棄物(有価のものは除く)の自社以外での輸送(※1)、処理
6 出張 従業員の出張
7 雇用者の通勤 従業員の通勤
8 リース資産(上流)   自社が賃借しているリース資産の稼働
(算定・報告・公表制度では、Scope1,2 に計上するため、該当なしのケースが大半)
9  輸送、配送(下流)  出荷輸送(自社が荷主の輸送以降)、倉庫での保管、小売店での販売
10 販売した製品の加工   事業者による中間製品の加工
11 販売した製品の使用   使用者による製品の使用
12  販売した製品の廃棄  使用者による製品の廃棄時の輸送(※2)、処理
13 リース資産(下流)   自社が賃貸事業者として所有し、他者に賃貸しているリース資産の稼働
14  フランチャイズ  自社が主宰するフランチャイズの加盟者のScope1,2 に該当する活動
15 投資   株式投資、債券投資、プロジェクトファイナンスなどの運用
その他(任意)  従業員や消費者の日常生活

※1 Scope3基準及び基本ガイドラインでは、輸送を任意算定対象としています。

※2 Scope3基準及び基本ガイドラインでは、輸送を算定対象外としていますが、算定頂いても構いません。

scope3カテゴリ概要2.png

scope3カテゴリ概要3.png

出典:環境省グリーン・バリューチェーンプラットフォーム