G7伊勢志摩サミットカーボン・オフセット

低炭素化支援株式会社はG7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力をした件について、経済産業省・環境省・農林水産省より感謝状を受領しました。

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットへの協力法人・自治体一覧

サミット感謝状.png

Web用感謝状_低炭素化支援株式会社2.jpg

サミット写真.png



 

 

低炭素化支援株式会社は、G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットに協力しています。

伊勢志摩2.jpg


日本政府は、企業や自治体と協力し、5月26日、27日に開催されるG7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットを実施します。J ークレジット制度を活用し、サミット開催に伴って発生する温室効果ガス排出量をオフセット(相殺)することにより、CO2 ゼロのサミットとします。

企業や自治体の協力によりG7サミットのカーボン・オフセットを実施することは、今回の伊勢志摩サミットが初めてとなります。

対象は、G7代表団、国際機関関係者、報道関係者などサミット参加者の移動・宿泊や、サミット会場でのエネルギー消費に伴う温室効果ガスの排出(約2万トン相当)です。2万トンの排出量は、日本人1万人(4,000帯)の1年間の排出量に相当します。

 

伊勢志摩サミット案内.png

出典:J-クレジット制度HP