エネルギー管理標準とは(省エネ法)

エネルギー管理標準とは省エネ法に基づいて作成が義務付けられている、エネルギー使用の合理化を図るための運転管理、計測・記録、保守・点検等を行うためのマニュアルです。事業者の実態に即したエネルギー管理標準を作成することが大切です。

工場判断基準.jpg

 <出典:関東経済産業局HP>


<参考資料>

・資源エネルギー庁のホームページ


工場等におけるエネルギーの使用の合理化に関する事業者の判断の基準(平成21年経済産業省告示第66号(平成29年3月30日一部改正))
 ※報告期限が平成29年7月末日以降である定期報告書に適用

 

工場等におけるエネルギーの使用の合理化に関する事業者の判断の基準(別表1〜6)(平成29年3月30日一部改正)

 ※報告期限が平成29年7月末日以降である定期報告書に適用

 

・判断基準の要約版(告示第66号基準部分からの抜粋)


・判断基準と管理標準の説明(関東経済産業局)

 

・エネルギー管理標準作成例(様式・雛形・サンプル) 



 

低炭素化支援通信(無料メールマガジン)では、省エネ法・省エネ・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報をタイムリーにお送りしております。

低炭素化支援通信(無料メールマガジン)の配信登録はこちらからお願いします。

 バックナンバーはこちらからご覧下さい。