CO2削減・省エネ・節電・省コストの違い

CO2削減・省エネ・節電・省コストは下記の通り異なります。

  規制 対象 内容
省エネ 1,500kL/年以上有り 電気
都市ガス
LPガス
A重油
(上水道)
(下水道)

エネルギーの使用量を低減し、化石燃料の消費を低減する。
・使用量を低減する
・自然エネルギーを活用する

節電 2011年夏季
東京電力・東北電力管内500kW以上有り
その他無し
電気のみ 電気の需要電力を低減する事
・需要電力のカット(ピークカット)
・需要電力のシフト(ピークシフト)

CO2削減

国として無し
東京都・埼玉県・京都府有り
業界団体有り
電気
都市ガス
LPガス
A重油
(上水道)
(下水道)
エネルギーを使用する事によって発生するCO2を削減する
・使用量を低減する
・使用エネルギーをCO2排出係数が小さいエネルギーに転換する
(例:A重油→都市ガス)

省コスト

無し
(企業の自発的行動)
電気
都市ガス
LPガス
A重油
上水道
下水道
エネルギーを使用する事による費用を削減する

・使用量を低減し、従量料金を低減する
・基本料金を低減する
 (例:デマンド監視・制御)
・エネルギー供給会社との契約を適正化する
・エネルギー供給会社を選択する

CO2削減?省エネ?節電?省コスト?

項目 品質 省エネ 節電 CO2削減 省コスト
 事務所の照明を適正化し間引きする
 事務所の照明を昼間100%消灯する ×
空調の冷房時設定温度を28℃として、 スーパークールビスを導入
 空調を昼間輪番停止 ×
 デマンド監視装置を導入し、警報時機器を一時的に停止 ×
 太陽光発電装置を導入する
 適正な節水シャワーを導入する
工場の操業を夜間に移行する  × △ 
 空調用の氷蓄熱装置を導入する × ×
 蓄電装置を導入する × × △ 
 燃焼装置の空気比を適正化する ◎ 
 ボイラーの燃料をA重油から都市ガスへ変更する
 電機の契約を適正化する
 ポンプにインバーターを導入し、適正流量にする −  ◎   ◎

◎:効果大きい  ○:効果中程度  △:効果少し  −:影響無し  ×:悪影響有り

 


 

低炭素化支援通信(無料メールマガジン)では、CO2削減・省エネ・節電・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報をタイムリーにお送りしております。

低炭素化支援通信(無料メールマガジン)の配信登録はこちらからお願いします。

 バックナンバーはこちらからご覧下さい。