省エネ・節電・CO2削減に関する支援(補助金・助成金)

企業が省エネ・節電・CO2削減のための設備を導入する際に効果的な補助金・助成金は、主に下記の通りです。
(※本記載内容は概要です。詳細は各省庁、執行団体のホームページをご参照下さい)
(2017年6月16日現在)



低炭素化支援通信(無料メールマガジン)では、省エネ補助金・省エネ・エネルギー費用削減等に関するお役立ち情報をタイムリーにお送りしております。

低炭素化支援通信(無料メールマガジン)の配信登録はこちらからお願いします。

 

バックナンバーはこちらからご覧下さい。

 


平成29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ
・平成29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
 平成29年度予算案672.6億円(平成29年度概算要求1,140億円、平成28年度515億円)

 ・予算:約234億円(新規事業分)

 ※公募要領が公開されました。

 ※公募期間及び公募説明会の日程が公表されました。

 公募期間:5月25日(木)〜6月26日(月)
 公募説明会:5月11日(木)〜5月24日(水)
 開催場所:全国11会場 

 

エネ合表20170428.png

エネ合裏20170428.png

出典:環境共創イニシアチブHP


経済産業省のエネ合、設備単位の革命投資、ZEB、ZEH、住宅の断熱改修が「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」として一緒の事業になりました。

 

省エネ設備の導入に使用できる平成29年度予算(平成28年度2次補正予算含む)は、平成28年度予算(平成27年度補正予算含む)と比較して減少しています。

平成29年度(28年度第2次補正予算含む)の合計:772.6億円
=672.6億円(29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金)
 +100億円(28年度第2次補正ZEH)

平成28年度(27年度補正予算含む)の合計:1,167億円
=515億円(28年度エネ合)+110億円(28年度ZEB・ZEH)
  +442億円(27年度補正革命投資)+100億円(27年度補正住宅断熱等)

 

@省エネルギー設備への入替支援
 工場・事業場における、省エネ効果の高い設備の入替を支援する。
 29年度は新たに「エネルギー原単位改善」に資する取組や、省エネ効果が
 高い設備単体の更新を支援するとともに、複数事業者間でのエネルギー
 使用量の削減の取組を重点的に支援する。
 補助率:1/2、1/3 

Aネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の導入支援

Bネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の実証支援
 ZEBの実現・普及のためのガイドライン作成等を目的に、ZEBの構成要素
 となる高性能建材・設備機器等を用いた実証を支援します。
 補助率:2/3 

 公募期間:2017年4月10日(月)〜5月26日(金)17時必着

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。


C住宅の断熱改修による省エネ化(省エネリフォーム)の支援 


補助事業としては下記のA種類として実施されます。

エネルギー使用合理化等事業者支援事業(@)
 平成29年度予算案:510.7億円 

 

T.工場・事業場単位での省エネルギー設備導入事業
 既設設備・システムの入替えや製造プロセスの改善等の改修やエネルギー

 マネジメントシステムの導入により、工場・事業場等における省エネ・
 電力ピーク対策を行う事業。

U.設備単位での省エネルギー設備導入事業
 
補助対象設備区分で定められた、省エネルギー効果の高い設備の更新。 

 

補助対象経費
  T:設計費、設備費、工事費
  U:設備費 


補助率:1/2、1/3 

住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(A+B+C)
 平成29年度予算案:160億円


平成29年度「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
(省エネルギー投資促進に向けた支援補助事業のうち
エネルギー使用合理化等事業者支援事業)」の執行団体に
一般社団法人環境共創イニシアチブ(略称「SII」)が採択されました。

 

 

省エネルギー投資促進に向けた支援補助金20161226.png

出典:経済産業省HP

平成29年度天然ガスの環境調和等に資する利用促進事業費補助金

<経済産業省:一般社団法人都市ガス振興センター

・平成29年度天然ガスの環境調和等に資する利用促進事業費補助金

 平成29年度予算案:8億円(平成29年度概算要求10億円)

 ・公募期間:4月21日〜6月12日(消印有効)

 ※公募予告はこちらをご参照下さい。


天然ガスの環境調和等に資する利用促進事業費補助金20161226.png

出典:経済産業省HP

平成29年度先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET・アセット事業)

<環境省:一般社団法人温室効果ガス審査協会

・平成29年度先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET・アセット事業)

 平成29年度予算案:37億円(平成29年度概算要求55億円、平成28年度37億円)

 ・公募期間:平成29年4月27日(木)〜5月25日(木)12時まで

 ・補助率:1/2(L2-Tech認証製品)
      1/3(
その他機器)
      ※補助金上限:1.5億円/事業者
 

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。
 

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業20161226.png

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業20161226-2.png

出典:環境省HP

平成29年度業務用ビル等における省CO2促進事業

<環境省:一般社団法人静岡県環境資源協会

・平成29年度業務用ビル等における省CO2促進事業

 平成29年度予算案:50億円(平成29年度概算要求80億円、平成28年度55億円)

 

・公募期間:平成29年4月17日〜5月26日
・公募説明会:4月19日〜28日、全国7会場

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。

 

(1)テナントビルの省 CO2 促進事業(国土交通省連携事業)
  補助対象者:建築物所有者
  対象事業:B 設備改修事業
  補助割合:B 対象経費の 1/2 を上限に補助(上限:5,000 万円)

 

(2)ZEB 実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業
   (経済産業省連携事業)

  補助対象者:建築主(所有者)、リース事業者等
  対象事業:エネルギー削減率 50%以上となる、ZEB の実現に寄与する空調、
       換気、照明、給湯、BEMS装置等を導入する事業
  補助割合:対象経費の 2/3 を上限に補助


(3)既存建築物等の省CO2 改修支援事業
   (厚生労働省、農林水産省、国土交通省携事業)

  @中小規模老人福祉施設
   補助対象者:・中小規模の高齢者福祉施設を管理・運営する法人
         ・人口が5 万人未満の小規模地方公共団体
         ・人口が5 万人以上15 万人未満であり、かつ財政力指数が
          0.3 未満の小規模地方公共団体
   対象事業:高効率の省CO2 型給湯設備・空調設備やコージェネレーション
        システム等を導入する事業 (大規模改修を除く)
   補助割合:対象経費の 1/3 を上限に補助

 

業務用施設等における省CO2促進事業20161226.png

出典:環境省HP

平成29年度L2-Tech導入拡大推進事業(エルツーテック)

<環境省:公益財団法人北海道環境財団

・平成29年度L2-Tech導入拡大推進事業(エルツーテック)

 平成29年度予算案:6.8億円(平成29年度概算要求35億円、平成28年度40億円)

L2-Tech(先導的低炭素技術)導入拡大推進事業20161226.png

出典:環境省HP

平成29年度CO2削減ポテンシャル診断推進事業・低炭素機器導入事業

<環境省:一般社団法人低炭素エネルギー技術事業組合

・平成29年度低炭素機器導入事業(CO2削減ポテンシャル診断推進事業)

 平成29年度予算案:20億円の内数(平成29年度概算要求20億円、平成28年度20億円)

 

 ・事業概要
  環境省のCO2削減ポテンシャル診断事業を受診した事業所のうち、
  年間CO2排出量が50トン以上3,000トン未満の事業所を対象に、
  診断の提案に基づいた低炭素機器の導入や運用改善等の対策を実施することで、
  CO2の年間排出量を10%以上(中小企業以外は20%以上)削減できる事業者を支援
 ・補助率:3分の1(中小企業は原則として2分の1)
  ※ただし、上限額は3,000万円
   (LED照明機器の導入事業では上限額は1,500万円) 

 ・公募期間
   第1次公募:平成29年5月1日(月)〜5月31日(水)17時必着
   第2次公募:平成29年8月1日(火)〜8月31日(木)17時必着

 ※公募説明会はこちらをご参照下さい。
 ※公募要領はこちらをご参照下さい。
 


CO2削減ポテンシャル診断推進事業20161226.png

平成29年度LED照明導入促進事業(PCB使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業)

<環境省:一般社団法人環境技術普及促進協会

・平成29年度LED照明導入促進事業(PCB 使用照明器具のLED化によるCO2削減推進事業)

 平成29年度予算案:20億円の内数

 公募期間:平成29年4月24日(月)〜平成29年5月19日(金)12時必着

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。


LED1.png 

LED2.png
出典:環境省HP

平成29年度脱フロン社会構築に向けた業務用冷凍空調機器省エネ化推進事業

<環境省:一般財団法人日本冷媒・環境保全機構

・平成29年度脱フロン社会構築に向けた業務用冷凍空調機器省エネ化推進事業

平成29年度予算案:63億円(平成29年度概算要求63億円)

  事業内容:エネルギー起源二酸化炭素の排出の抑制及び温室効果ガス
       であるフロン類の排出抑制のため、冷凍冷蔵倉庫に用い
       られる省エネ型自然冷媒機器を導入する事業に要する経費
       の一部を補助します。

  補助率:冷凍冷蔵倉庫用機器:1/2以内

   公募期間:平成29年4月5日(水)〜5月10日(水)17時 必着

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。


脱フロン社会構築に向けた業務用冷凍空調機器省エネ化推進事業20161226.png

出典:環境省HP

平成29年度既存建築物省エネ化推進事業(環境・ストック活用推進事業の内数)

<国土交通省:既存建築物省エネ化推進事業評価事務局

・平成29年度既存建築物省エネ化推進事業(環境・ストック活用推進事業の内数)

 平成29年度予算案:103.57億円の内数

 (平成29年度概算要求131.42億円、平成28年度109.46億円の内数)


 ・対象事業の種類
 既存のオフィスビル等の建築物の改修
 ※ 躯体(外皮)、建築設備の省エネルギー改修に関するものを対象
 ※ 省エネルギー改修に加えて、バリアフリー改修を行う場合も対象
 ※ 工場・実験施設・倉庫等の生産用設備を有する建築物の改修、
   後付の家電等の交換等は対象外とします。

・主な事業要件
 (1) 躯体(外皮)の省エネ改修を行うもの
 (2) 建物全体で15%以上のエネルギー削減効果
 (3) 改修後に一定の省エネルギー性能に関する基準を満たす
 (
4) 改修後の建築物の省エネルギー性能を表示
 (5) 省エネルギー改修工事とバリアフリー改修工事に係る事業費の
   合計が500万円以上
 (6) 平成29年度中に着手するもの

 

 ・補助対象費用
@ 省エネ改修工事に要する費用
A エネルギー使用量の計測等に要する費用
B バリアフリー改修工事に要する費用
 (省エネ改修工事と併せて行う場合に限る)
C 省エネルギー性能の表示に要する費用

 

 

 ・公募期間:平成29年4月24日(月)〜平成29年6月2日(金)※消印有効

 ・補助率:1/3(上限5,000万円)


 ※公募要領はこちらをご参照下さい。


既存建築物省エネ化推進事業20161226.png

既存建築物省エネ化推進事業20161226-2.png

出典:国土交通省HP

省エネ補助金比較表

省エネ関係の補助金は様々な種類がありますが、毎年継続的に予算があり、様々な省エネ設備に使用可能な定番の省エネ補助金は、「経産省エネ合」「環境省アセット」「国交省建築物」3種類のみです。
(工場であれば更に絞られ、経産省の「エネ合」か環境省の「アセット」の2種類のみです) 

 

各省エネ補助金について比較をした一覧表です。

比較表20160502.png

省エネ補助金申請事例(省エネ補助金事例)

省エネ補助金申請事例(省エネ補助金申請事例)は下記をご参照下さい。
エネルギー需要家のための省エネ情報共有サイト「エネ共」
(※利用対象者:エネルギー需要家限定)

エネ共トップ2.png

公募が終了した補助金・助成金

公募が終了した補助金・助成金は下記の通りです。

平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ
・平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

   事業概要:導入する設備ごとの省エネ効果等で簡易に申請が行える制度を創設し、

         中小企業等の省エネ効果が高い設備への更新を重点的に支援
  補助対象:「長期エネルギー需給見通し」(平成27年7月)における省エネ量の根拠と
         なった産業・業務用の設備のうち、業種横断的に使用される設備を対象
 
         @高効率照明(LED)
         A高効率空調(電気式パッケージエアコン、ガスヒートポンプエアコン、
                   チリングユニット、吸収式冷凍機、ターボ冷凍機)

         B産業ヒートポンプ(高温水ヒートポンプ、循環加温ヒートポンプ、熱風ヒートポンプ、
                      蒸気発生ヒートポンプ)

         C業務用給湯器(業務用ヒートポンプ給湯器、潜熱回収型給湯器)、
         D高性能ボイラ(蒸気ボイラ)
         E低炭素工業炉(燃焼式、抵抗加熱式、誘導加熱式)
         F変圧器(油入変圧器、モールド変圧器)
         G冷凍冷蔵庫(電気冷蔵庫、電気冷凍庫)
         H産業用モータ(モータ単体・ポンプ・圧縮機・送風機
                (工作機械は対象外))
         Iエネルギー管理システム(FEMS・BEMS)

         なお、対象設備がトップランナー制度対象の場合は、トップランナー基準
         以上の設備が補助対象

  補助率 :1/3(上限:1事業者あたり2億円)
        (下限:1事業所あたり50万円(中小企業等は30万円))
  補助対象事業:更新のみ(但しBEMS・FEMSは新設も可)

  補助対象経費:設備費のみ
  予算 :442億円
     (1次公募:309億円(全体の70%分)
      (2次公募:140億円(1次公募の予算残分)
      (3次公募:265億円)
      (4次公募:193億円)
      (5次公募:181億円) 
  省エネ効果の資料:省エネ性能の新旧比較資料を提出
               (A類型の時の工業会発行の性能証明書は使用しない)
  公募期間(1次公募):2016年3月22日(火)〜4月22日(金)※17:00必着
      (2次公募):2016年5月10日(火)〜6月3日(金)※17:00必着
      (3次公募):2016年7月29日(金)〜9月9日(金)※17:00必着
      (4次公募):2016年9月30日(金)〜11月11日(金)※17:00必着
           (1次締切:10月12日(水) 17時 必着
             2次締切:10月26日(水) 17時 必着
             3次締切:11月11日(金) 17時 必着)
      (5次公募):2016年11月21日(月)〜11月30日(水)※17:00必着 

  採択発表(1次公募):2016年6月24日(6月上旬から延期)
      (2次公募):2016年7月15日(7月上旬から延期)
      (3次公募):2016年9月21日以降9月30日(金)から
           10月28日(金)まで毎週金曜日に交付決定予定
        (4
次公募):2016年10月下旬から12月下旬予定
      (5次公募):2016年12月上旬から12月下旬予定 

   ※平成26年度補正予算のA類型のような先着順の採択ではなく、
    一定期間内に受付した申請について、総合的に評価して採択される


  ※公募要領はこちらをご参照下さい。  

 

  ※「平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業」

    のまとめ情報のページ 

4次公募.png

出典:環境共創イニシアチブHP

中小企業等省エネ補助金.png

 出典:経済産業省HP

平成28年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ> 
・平成28年度エネルギー使用合理化等事業者支援補助金
  【工場・事業場単位】
   既設設備・システムの入れ替えや製造プロセスの改善等に向けた改修、エネルギーマネジメント
   システム(EMS)の導入により、工場・事業場単位での省エネ・電力ピーク対策や事業者間の
   省エネ対策を行う際に必要となる費用を補助します。
   その際、省エネ法との連携を重視し、より高い水準の省エネの取組を促します。
   また、トップランナー制度対象機器を導入する場合、トップランナー基準を満たす製品に対象を
   限定します。
   
・補助対象者:全業種の法人及び個人事業主
       ※中小企業に該当しない会社法上の会社(株式会社、合名会社、
          合資会社、合同会社、有限会社等(みなし大企業を含む。))は、
          中長期計画に基づき、実施される事業のみに限る。

   ・補助対象事業:
      T.省エネルギー設備導入事業
        工場、事業場等において先進的な省エネルギー設備等の導入を行う事業。
        複数の工場間で一体となって行う事業についても対象

      U.電力ピーク対策設備導入事業
        工場、事業場等において電力ピーク対策に資する設備等の導入を行う事業 

   ・補助率:省エネ設備導入、電力ピーク対策 1/3
          エネマネ事業者を活用した事業 1/2
       補助金上限20億円/年度、下限100万円/年度 

   ・補助対象経費:設計費、設備費、工事費

  ◎予算 :515億円(新規事業分180億円)
        (平成28年度概算要求1,260億円)
        (平成27年度410億円(新規事業分210億円))

   ・公募期間
    1次公募:平成28年6月6日(月)〜平成28年7月1日(金)※17:00必着
    2次公募(年度またぎ事業):平成28年10月6日(木)〜平成28年11月7日(月)※17:00必着
   ・採択発表
    1次公募:平成28年8月24日(水)
    2次公募(年度またぎ事業):平成28年12月上旬予定 
     

 ※公募要領が公表されました。

 ※公募説明会が開催されます(全国11会場)   


  ※エネルギー使用合理化等事業者支援補助金のまとめ情報はこちらをご参照ください。


エネ合20151226.png
 出典:経済産業省HP

エネ合20160223.png
 出典:資源エネルギー庁HP


採択については、下記の通り新たな指針が示されております。

 <大企業に対して>
 ・省エネ法の中長期計画に基づく投資に補助を限定する


 <ベンチマーク制度の対象事業者に対して>
 ・「目指すべき高い水準」の達成に向けた取組を促す


 <トップランナー対象機器に対して>
  トップランナー基準を満たす製品に補助対象を限定する 


財務省資料20160104.png

 出典:財務省HP

平成28年度既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事)

<国土交通省:既存建築物省エネ化推進事業評価事務局

・平成28年度既存建築物省エネ化推進事業(建築物の改修工事)

補助対象:エネルギー消費量が15%以上削減される建築物の省エネ改修及び省エネ改修と
        併せて実施するバリアフリー改修
 補助率 :1/3(上限5,000万円)
 予算:109.46億円の内数(平成28年度概算要求183.88億円の内数)
     (平成27年度60.75億円の内数)(平成26年度補正:130億円の内数)
     ※環境・ストック活用推進事業参照
 公募期間:第1回:平成28年5月16日(月)〜平成28年6月29日(水)※消印有効
      第2回:平成28年9月5日(月) 〜 平成28年10月6日(木)※消印有効
      第3回第1次締め切り:平成28年10月28日(金) 〜 平成28年12月2日(金) ※消印有効
        第2次締め切り:平成28年10月28日(金) 〜 平成29年1月10日(火) ※消印有効

 採択発表:第1回:平成28年8月10日
       第2回:平成28年11月中・下旬頃予定
      第3回:各締め切りの翌月中予定
 

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。

国交省2016.png

出典:建築研究所HP

平成28年度L2-Tech導入拡大推進事業

<環境省:公益財団法人北海道環境財団> 
・平成28年度L2-Tech導入拡大推進事業
   補助対象となる設備機器(L2-Tech水準以上が条件の製品) 
    (1) EMSを活用した冷凍冷蔵ショーケースの最適制御システム
    (2)高効率空調機と冷凍冷蔵ショーケースの連携制御システム
    (3) 未利用エネルギー(井水等)と蓄熱槽を活用した冷温同時利用型
      ヒートポンプシステム
    (4) 成層空調システム
    (5) デシカント空調システム
   補助対象となる事業者
    (1)(2):飲食料品小売業に該当する事業所を有する者
        (売場床面積250u以上)
    (3) :医療業に該当する事業所を有する者
    (4) (5):食料品製造業 又は飲料・たばこ・飼料製造業に該当する
        事業所を有する者
 

   補助対象経費:設備費及び工事費
   補助率:2/3(中小企業)、1/2(その他)
   予算:37億円(概算要求37億円)(新規) 
   公募期間(1次公募):平成28年7月28日(木)〜平成28年8月29日(月)18時必着
       (2次公募):平成28年10月3日(月)〜平成28年10月21日(金)18時必着
       (3次公募):
平成28年11月1日(火)〜平成28年11月28日(月)18時必着

       

   ※公募要領はこちらをご参照下さい。

 

・エネルギー起源二酸化炭素の排出削減に最大の効果をもたらす
 先導的(Leading)な低炭素技術(Low-carbon Technology)
 =L2-Tech(エルツーテック)

 

「平成27年度版L2-Tech水準表」
 各設備・機器等の最高水準をL2-Tech水準とする

 

「L2-Tech 2015年度冬認証製品リスト」
 L2-Tech水準に基づきメーカーの製品を認証


L2テック.png

 出典:環境省HP

平成28年度先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET・アセット)

<環境省:一般社団法人温室効果ガス審査協会

・平成28年度先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業(ASSET・アセット)

 補助対象:工場、事業場等(全業種)のCO2削減設備(更新)
 補助率:1/3(上限2億円)
 予算:37億円(概算要求50億円)(平成27年度28億円)(平成26年度28.15億円)
 公募期間(1次公募):平成28年4月26日(火)〜平成28年5月25日(水)
 公募期間(2次公募):平成28年6月30日(木)〜平成28年7月27日(水)15時まで
 公募期間(3次公募):平成28年8月30日(火)〜平成28年9月28日(水)12時まで
 採択発表(1次公募):平成28年6月21日(火)
 採択発表(2次公募):平成28年8月30日(火)
 採択発表(3次公募):不明 

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。 

先進対策の効率的実施によるCO2排出量大幅削減事業20151226.png

出典:環境省HP

平成28年度電気・熱エネルギー高度利用支援事業費補助金

<経済産業省:一般社団法人都市ガス振興センター>
・平成28年度電気・熱エネルギー高度利用支援事業費補助金
  補助対象:高効率コージェネレーション機器
  補助率 :1/3、1/2
  予算 :15億円(概算要求25億円)(新規)
  公募期間(1次公募):平成28年4月25日(月)〜平成28年5月31日(火)必着
              (2次公募):平成28年 6月8日(水)〜平成28年7月15日(金)必着
                  (3次公募):平成28年 8月1日(月)〜平成28年8月31日(水)必着 

  ※公募要領はこちらをご参照下さい。
   

電気・熱エネルギー高度利用支援事業費補助金20151226.png
 出典:経済産業省

平成28年度テナントビルの省CO2促進事業

<環境省:一般社団法人静岡県環境資源協会> 
・平成28年度業務用ビル等における省CO2促進事業
 (1)テナントビルの省CO2促進事業
    補助対象:@グリーンリース契約等を締結するための調査
        A運用改善のグリーンリースを行う事業
        B設備改修を伴うグリーンリースを行う事業
   補助率:@及びA:1/2(上限:50万円)
          B:1/2
(上限:5,000万円)
   予算:55億円の内数(概算要求70億円)(新規) 
   公募期間:平成28年4月12日(火)〜5月23日(月)17時必着

 (2)ZEB実現に向けた先進的省エネルギー建築物実証事業
   補助対象:エネルギー削減率 50%以上となる、ZEB の実現に寄与する
        空調、換気、照明、給湯、BEMS装置等を導入する事業
   補助率:2
/3(上限3億円)
   予算:55億円の内数(概算要求70億円)(新規)
   公募期間(1次公募):平成28年4月12日(火)〜5月23日(月)17時必着
   公募期間(2次公募):平成28年7月7日(木)〜7月25日(月) 17 時必着
   公募期間(3次公募):平成28830日(火)〜926日(月)17時必着 

   ※公募要領はこちらをご参照下さい。

業務用ビル等における省C02促進事業20151226.png

 出典:環境省HP

・平成28年度CO2削減対策実施支援事業(CO2削減ポテンシャル推進事業)

<環境省:一般社団法人低炭素エネルギー技術事業組合> 
・平成28年度CO2削減対策実施支援事業(CO2削減ポテンシャル推進事業)低炭素機器導入事業

   対象施設:二酸化炭素の年間排出量 が50トン以上3000トン未満の工場及び業務用ビル等
          事業所 (中小事業所)
          CO2削減ポテンシャル診断を受診済みである事
   補助対象設備:低炭素機器、再生可能エネルギー発電システム
   補助率:1/3(中小企業は1/2)
   予算:17億円の内数(概算要求13.0億円(診断及び設備補助分))(平成27年度8.5億円(設備補助分))
       (平成25年度補正12.8億円(設備補助分)) 
   公募期間:1次公募:平成28年5月2日(月)〜平成28年5月31日(火)17時必着

        2次公募:平成28年8月1日(月)〜平成28年8月31日(水)17時必着

         ※公募要領はこちらをご参照下さい。

CO2削減ポテンシャル診断推進事業20151226.png
出典:環境省HP 

平成28年度エネルギー使用合理化事業者支援補助金(民間団体等分)(LPガス分)

<経済産業省:日本LPガス団体協議会
・平成28年度エネルギー使用合理化事業者支援補助金(民間団体等分)(LPガス分)
  補助対象:燃焼エネルギーを利用する工業炉、ボイラ、乾燥炉、冷温水機等のLPガスへの転換
  補助率 :1/3(上限1.8億円)
  予算 :3.9億円(概算要求5.4億円)(平成27年度5.4億円)(平成26年度5.4億円)
  公募期間:平成28年4月22日(金)〜6月6日(月)(当日消印有効)

  ※公募要領はこちらをご参照下さい。
エネルギー使用合理化事業者支援補助金(LPガス分)20151226.png 

  出典:経済産業省HP

平成28年度先進技術を利用した省エネ型自然冷媒機器普及促進事業

<環境省:一般財団法人日本冷媒・環境保全機構
・平成28年度先進技術を利用した省エネ型自然冷媒機器普及促進事業
  補助対象:冷凍冷蔵倉庫、食品製造工場、化学製品製造工場及びアイススケートリンクに
      用いられる省エネ型自然冷媒機器並びに食品小売業におけるショーケース

      その他の省エネ型自然冷媒機器を導入する事業
  予算:75億円(概算要求83.19億円)(平成27年度63.84億円)(平成26年度50.46億円)
  補助率:冷凍冷蔵倉庫用機器:1/2以内
      食品製造工場用機器、化学製品製造工場用機器、
        アイススケートリンク用機器、小売店舗のショーケース等機器:1/3以内   
  公募期間:1次公募:平成28年4月4日(月)〜平成28年5月6日(金)17時必着
        2次公募:平成28年6月20日(月)〜平成28年7月15日(金)17時必着
       3次公募:平成28年9月5日(月)〜平成28年9月30日(金)17時必着
     ※公募要領はこちらからご参照下さい。 

28自然冷媒.png
 出典:環境省HP

平成28年度2次補正予算先進技術を利用した省エネ型自然冷媒機器普及促進事業

<環境省:一般財団法人日本冷媒・環境保全機構
・平成28年度2次補正予算先進技術を利用した省エネ型自然冷媒機器普及促進事業
  補助対象:冷凍冷蔵倉庫、食品製造工場、化学製品製造工場及びアイススケートリンクに
      用いられる省エネ型自然冷媒機器並びに食品小売業におけるショーケース
      その他の省エネ型自然冷媒機器を導入する事業
  予算:10億円
  補助率:冷凍冷蔵倉庫用機器:1/2
      アイススケートリンク用機器:1/3   
  公募期間:平成28年11月7日(月)〜平成28年12月2日(金)17時必着

     ※公募要領はこちらからご参照下さい。 

28年度2次補正・自然冷媒.png
 出典:環境省HP

平成28年度ZEB実証事業(住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業)

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ 

・平成28年度ZEB実証事業(住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業)
補助対象:ZEB実現に寄与する 高性能建材、空調、換気、照明、給湯、
      BEMS装置等 で構成するシステム・機器

  補助率 :2/3(上限10億円)
  予算 :40億円(110億円の内数)(概算要求190億円)
     (平成27年度7.6億円)(平成26年度補正150億円)
  公募期間(1次公募):平成28年4月11日(月)〜平成28年5月23日(月)17:00必着
  公募期間(2次公募):平成28年5月30日(月)〜平成28年6月24日(金)17:00必着
  公募期間(3次公募):平成28年7月1日(金)〜平成28年7月22日(金)17:00必着   

  ※公募要領はこちらをご参照下さい。
   ZEB2016.png

出典:経済産業省HP

平成28年度エネルギー使用合理化事業者支援補助金(民間団体等分)(天然ガス分)

<経済産業省:一般社団法人都市ガス振興センター

・平成28年度エネルギー使用合理化事業者支援補助金(民間団体等分)(天然ガス分)
補助対象:燃焼エネルギーを利用する工業炉、ボイラ、乾燥炉、冷温水機等の天然ガスへの転換
  補助率 :1/3
  予算 :26.5億円(概算要求33億円)(平成27年度33億円)(平成26年度33億円)
  公募期間:平成28年4月25日(月)〜平成28年6月8日(水)(当日消印有効)
   公募期間(追加公募):平成28年6月21日(火)〜平成28年7月29日(金)(当日消印有効)

  ※公募要領はこちらをご参照下さい。 

28年度都市ガス.png

   出典:経済産業省HP