地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度

温室効果ガスを多量に排出する者は、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告する義務があります。但し報告までであり、削減義務の規制は現状はありません。

※温室効果ガスの種類
   ・エネルギー起源二酸化炭素(C02
   ・非エネルギー起源二酸化炭素(C02
   ・メタン(CH4)
   ・一酸化二窒素(N2O)
   ・ハイドロフルオロカーボン類(HFC)
   ・パーフルオロカーボン類(PFC)
   ・六ふっ化硫黄(SF6

※「温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度について」環境省・経済産業省のホームページ