平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ
・平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業

   事業概要:導入する設備ごとの省エネ効果等で簡易に申請が行える制度を創設し、

         中小企業等の省エネ効果が高い設備への更新を重点的に支援
  補助対象:「長期エネルギー需給見通し」(平成27年7月)における省エネ量の根拠と
         なった産業・業務用の設備のうち、業種横断的に使用される設備を対象
 
         @高効率照明(LED)
         A高効率空調(電気式パッケージエアコン、ガスヒートポンプエアコン、
                   チリングユニット、吸収式冷凍機、ターボ冷凍機)

         B産業ヒートポンプ(高温水ヒートポンプ、循環加温ヒートポンプ、熱風ヒートポンプ、
                      蒸気発生ヒートポンプ)

         C業務用給湯器(業務用ヒートポンプ給湯器、潜熱回収型給湯器)、
         D高性能ボイラ(蒸気ボイラ)
         E低炭素工業炉(燃焼式、抵抗加熱式、誘導加熱式)
         F変圧器(油入変圧器、モールド変圧器)
         G冷凍冷蔵庫(電気冷蔵庫、電気冷凍庫)
         H産業用モータ(モータ単体・ポンプ・圧縮機・送風機
                (工作機械は対象外))
         Iエネルギー管理システム(FEMS・BEMS)

         なお、対象設備がトップランナー制度対象の場合は、トップランナー基準
         以上の設備が補助対象

  補助率 :1/3(上限:1事業者あたり2億円)
        (下限:1事業所あたり50万円(中小企業等は30万円))
  補助対象事業:更新のみ(但しBEMS・FEMSは新設も可)

  補助対象経費:設備費のみ
  予算 :442億円
     (1次公募:309億円(全体の70%分)
      (2次公募:140億円(1次公募の予算残分)
      (3次公募:265億円)
      (4次公募:193億円)
      (5次公募:181億円) 
  省エネ効果の資料:省エネ性能の新旧比較資料を提出
               (A類型の時の工業会発行の性能証明書は使用しない)
  公募期間(1次公募):2016年3月22日(火)〜4月22日(金)※17:00必着
      (2次公募):2016年5月10日(火)〜6月3日(金)※17:00必着
      (3次公募):2016年7月29日(金)〜9月9日(金)※17:00必着
      (4次公募):2016年9月30日(金)〜11月11日(金)※17:00必着
           (1次締切:10月12日(水) 17時 必着
             2次締切:10月26日(水) 17時 必着
             3次締切:11月11日(金) 17時 必着)
      (5次公募):2016年11月21日(月)〜11月30日(水)※17:00必着 

  採択発表(1次公募):2016年6月24日(6月上旬から延期)
      (2次公募):2016年7月15日(7月上旬から延期)
      (3次公募):2016年9月21日以降9月30日(金)から
           10月28日(金)まで毎週金曜日に交付決定予定
        (4
次公募):2016年10月下旬から12月下旬予定
      (5次公募):2016年12月上旬から12月下旬予定 

   ※平成26年度補正予算のA類型のような先着順の採択ではなく、
    一定期間内に受付した申請について、総合的に評価して採択される


  ※公募要領はこちらをご参照下さい。  

 

  ※「平成27年度補正予算中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業」

    のまとめ情報のページ 

4次公募.png

出典:環境共創イニシアチブHP

中小企業等省エネ補助金.png

 出典:経済産業省HP