平成29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ
・平成29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
 (エネルギー使用合理化等事業者支援事業他)
 平成29年度予算案672.6億円(平成29年度概算要求1,140億円、平成28年度515億円)
 
 「エネルギー使用合理化等事業者支援事業」

 ・予算:約234億円(新規事業分)
 ・公募期間:5月25日(木)〜6月26日(月)
  ※公募要領はこちらをご参照下さい


  <国庫債務負担行為分(年度またぎ事業)2次公募>
  ・予算:平成29年度分:約0.6億円(年度またぎ事業1年度目分)
      平成30年度分:約4.9億円(年度またぎ事業2年度目分)
  ・公募期間:平成29年10月2日(月)〜10月31日(火)17:00必着
  ※公募要領はこちらをご参照下さい。
  

 

 

エネ合表20170428.png

エネ合裏20170428.png

出典:環境共創イニシアチブHP


経済産業省のエネ合、設備単位の革命投資、ZEB、ZEH、住宅の断熱改修が「省エネルギー投資促進に向けた支援補助金」として一緒の事業になりました。

 

省エネ設備の導入に使用できる平成29年度予算(平成28年度2次補正予算含む)は、平成28年度予算(平成27年度補正予算含む)と比較して減少しています。

平成29年度(28年度第2次補正予算含む)の合計:772.6億円
=672.6億円(29年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金)
 +100億円(28年度第2次補正ZEH)

平成28年度(27年度補正予算含む)の合計:1,167億円
=515億円(28年度エネ合)+110億円(28年度ZEB・ZEH)
  +442億円(27年度補正革命投資)+100億円(27年度補正住宅断熱等)

 

@省エネルギー設備への入替支援
 工場・事業場における、省エネ効果の高い設備の入替を支援する。
 29年度は新たに「エネルギー原単位改善」に資する取組や、省エネ効果が
 高い設備単体の更新を支援するとともに、複数事業者間でのエネルギー
 使用量の削減の取組を重点的に支援する。
 補助率:1/2、1/3 

Aネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の導入支援

Bネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の実証支援
 ZEBの実現・普及のためのガイドライン作成等を目的に、ZEBの構成要素
 となる高性能建材・設備機器等を用いた実証を支援します。
 補助率:2/3 

 公募期間:2017年4月10日(月)〜5月26日(金)17時必着

 ※公募要領はこちらをご参照下さい。


C住宅の断熱改修による省エネ化(省エネリフォーム)の支援 


補助事業としては下記のA種類として実施されます。

エネルギー使用合理化等事業者支援事業(@)
 平成29年度予算案:510.7億円 

 

T.工場・事業場単位での省エネルギー設備導入事業
 既設設備・システムの入替えや製造プロセスの改善等の改修やエネルギー

 マネジメントシステムの導入により、工場・事業場等における省エネ・
 電力ピーク対策を行う事業。

U.設備単位での省エネルギー設備導入事業
 
補助対象設備区分で定められた、省エネルギー効果の高い設備の更新。 

 

補助対象経費
  T:設計費、設備費、工事費
  U:設備費 


補助率:1/2、1/3 

住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業(A+B+C)
 平成29年度予算案:160億円

 

省エネルギー投資促進に向けた支援補助金20161226.png

出典:経済産業省HP